上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ここは、アイリルラ地方。

シンオウ、カントー、ジョウト、ホウエンと全く関わりがない地方である。強(し)いて言えば、鎖国のような状況だが、強(あなが)ち正解とは言えない。何処の地方とも、関わりがないのは、本当のことである。しかし、好きで関わっていないわけではない。近くにないのだ。本当の事を言えば、存在を知らないのだろう、だから鎖国のような状況と言える。

しかし、鎖国とも言える状況だが、この地方は荒れてはいない。それは、独自の文化があるからである。しかし、そんな独自と言えるほどの文化ではなく、何処にでもありそうな文化である。なので、カントーなどの人に会ったらすぐに、意気統合するだろう。さらに、この地方は、技術、商業なども発展しているためそんなに苦労はしていないようだ。

この地方は、ダイヤモンドベースの超巨大版と言える形をしている。東西南北にそれぞれ特徴があり、東には、草原が広がっている。南は、温暖な気候で、海がとても綺麗だ。言い忘れていたが、この地方は島である。なので、海に囲まれている。北は、とても寒く、毎年雪がたくさん積もるそうだ。そして、西は、とても広い砂漠地帯がある。

そこから、物語は始まる・・・・・
スポンサーサイト
2008.01.24 Thu l 小説(光そして闇その中にあるものとは・・・・・・ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。